アーカイブ:2020年 11月

  1. ポストジェネラル トリ-パネル ソーラーチャージドLEDライト 発売

    日本のアウトドア雑貨ブランド「ポストジェネラル」は、トリ-パネル ソーラーチャージドLEDライトを2020年12月4日より販売する。この新商品は、懐中電灯のような形状だが、3つの羽のようなLEDライトをもち、それぞれを広げて利用することもできる。

    続きを読む
  2. Makuake イージーストーブ 先行発売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、調理用のカセットコンロや小型ガスストーブを暖を取るためのストーブとして利用可能にする「イージーストーブ」が先行販売されており、620万円の売上と人気を集めた。

    続きを読む
  3. ニュートラルアウトドア ヒートシュラフ 発売

    日本のキャンプ用品メーカー「ニュートラルアウトドア」社は、2020年10月16日に、ヒートシュラフを発売することを発表した。ヒートシュラフは、モバイルバッテリーを接続すると、シュラフに内蔵された3箇所のヒーターがシュラフを温める製品だ。

    続きを読む
  4. スノーピーク 2020年12月期3Q 決算発表

    日本のキャンプ用品・ウェアメーカー「スノーピーク」社は、2020年11月13日に、2020年12月期3Qの決算を発表した。COVID-19の影響で、キャンプ関連製品の需要の高まりを受け、初心者向けのテントやタープの販売が好調とのことだ。

    続きを読む
  5. テンマクデザイン ミグラテール 発売

    日本のアウトドアショップ「Wild-1」のプライベートブランド「テンマクデザイン」が、テント「ミグラテール」を2021年1月より発売する。「ミグラテール」は、形状はロッジ型テントだが、サイズは小さく、1人から2人用だ。また、テクニカルコットンを使用しつつ、デザインはレトロだ。

    続きを読む
  6. ロゴス ブラックフライデー 10%OFF

    日本のアウトドア用品・ウェアメーカー大手の「ロゴス」社は、2020年11月20日から30日まで、日本全国のロゴスショップやオンラインショップで、10,000円以上購入にて、10%OFFとなるキャンペーンを始めた。

    続きを読む
  7. 日時計の丘公園 オートキャンプ場

    日本の兵庫県にある「日時計の丘公園オートキャンプ場」で家族で11月にキャンプを行った。「日時計の丘公園オートキャンプ場」は、公営のキャンプ場のため料金が安い上、電源と水道とシンクが各サイトに備え付けられていることが特徴だ。特に電源があることで、冬季のキャンプでも利用しやすい。

    続きを読む
  8. Makuake タキビイタ 先行販売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、収納時に厚さ18mmとなるコンパクトな焚き火台「タキビイタ」が先行販売されており、1,350万円の売上と人気を集めた。サイズ展開がソロキャンプ向けのSサイズとファミリーキャンプ向けのLサイズがあり、オプションで五徳とロストルが選択可能だ。

    続きを読む
  9. ソロキャンプダムディズム

    日本オートキャンプ協会は、2020年12月5日から6 日(日)に、奈良県吉野郡下北山村にある、下北山スポーツ公園キャンプ場でソロ・デュオキャンパー向けのイベント「ソロキャンプダムディズム」を開催すると2020年11月4日に発表した。

    続きを読む
  10. LUMENA2 ハイランダー仕様を販売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で2018年に約3500万円を販売したLEDランタン「LUMENA2」が、日本のアウトドアメーカー「ハイランダー」とコラボレーションして、特別バージョンを販売している。ハイランダーのテントやキャンプ用品に似合う木目調のデザインが特徴だ。

    続きを読む
ページ上部へ戻る