BLOG

スノーピーク グランベルグ 発売

日本のキャンプ用品・ウェアメーカー「スノーピーク」は、インナーテント付きの大型シェルター「グランベルグM」及び「グランベルグL」を2021年5月1日に発売した。グランベルグは、中央に3本のメインポール、サイドに6本の計9本のポールをもつロッジ型のシェルターということになっているが、通常のロッジ型と異なり、梁となるポールはなく、どちらかと言うとサイドウォールのあるタープだ。よって、タープを立てたことがある人は、グランベルグの設営は容易だろう。もう一つの特徴は、本体生地が300デニールの厚い生地で、遮光性が高いと思われる。一方で、重量はMサイズで24kg、Lサイズで29.5kgと、コットンテント並みに重くなっている。20万円以上と高価格でもあり、販売数が伸びるかどうかはわからないが、ユニークな製品には間違いない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る