BLOG

岩谷産業 フォールディングキャンプストーブ 発売

日本のガス用品メーカー「岩谷産業」は、折りたたみ式カセットコンロ「フォールディングキャンプストーブ」を2021年3月5日に発売した。特徴は、スノーピーク社の「Home&Camp Burner」同様、五徳を本体部分に収めることができる点、ステンレス製のヒートシールドを備えることでバーナー下部へのダメージを軽減した点、ハンドル付きで持ち運びの容易さに考慮した点だ。以下、フォールディングキャンプストーブとHome&Camp Burnerとの比較表を作成した。

商品名フォールディング
キャンプストーブ
Home&Camp Burner
メーカー岩谷産業スノーピーク
サイズ317mm × 288mm × 120mm301mm × 346mm × 120mm
収納サイズ111mm × 114mm × 285mm90mm × 120mm × 255mm
重量1.6kg1.4kg
火力2.2kw(1,900kcal/h)2.4kw(2100kcal/h)
利用可能な
鍋サイズ
目安としてφ24cm以下まで最小φ14cm~最大φ30cm
ヒートシールドありなし
定価(税別)15,000円9,980円
表1 比較表

スノーピーク社の「Home&Camp Burner」は、ダッチオーブンやスキレットを利用不可としているのに対し、フォールディングキャンプストーブは、明確な記載は無いが、掲載写真を見る限り、ダッチオーブンやスキレットが利用できそうで、野外料理の幅が広がりそうだ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る