焚き火台

  1. ユニフレーム 焚き火ベースsolo 発売

    日本のアウトドア用品メーカー「ユニフレーム」は、2022年9月18日に、「焚き火ベースsolo」を発売する。焚き火ベースsoloは、トライポッドと焚き火台が一体となったユニークな商品だ。焚き火台の上にフックがあり、ダッチオーブンやヤカンを吊るすことができる。

    続きを読む
  2. Makuake 焚き火台「en.」先行発売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、焚き火台「en.」が7月7日より先行販売されており、800万円を超える売上と人気を集めている。

    続きを読む
  3. Makuake 3Frame 先行発売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、焚き火台「3Frame」が4月30日より先行販売されており、570万円を超える売上と人気を集めている。3Frameの特徴は、焚き火台、グリル、薪ストーブの3通りの利用方法ができる点だ。

    続きを読む
  4. スノーピーク 焚き火台LL 発売

    日本のキャンプ用品・ウェアメーカー「スノーピーク」は、「焚き火台LL」を2021年6月5日に発売する。焚き火台LLの大きさは、63cm x 63cm になり、日本で購入可能な長めの薪もすっぽり収まるサイズだ。

    続きを読む
  5. スノーピーク フローガL 発売

    日本のキャンプ用品・ウェアメーカー「スノーピーク」は、焚き火台のオプションで2次燃焼を可能とする「フローガL」を2021年4月29日に発売した。2次燃焼を行うことで、燃焼効率を上げることができ、より環境に優しいと言える。

    続きを読む
  6. Makuake KUBERU 先行発売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、焚き火台「KUBERU」が2021年2月19日より先行販売されており、1,000万円を超える売上と人気を集めた。特徴は、ちりとりのようなユニークな形状である点、パーツが2つと熱変形に強い点だ。

    続きを読む
  7. Makuake 焚き火台「ZG-X1」先行発売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、焚き火台「ZG-X1」が2020年12月12日より先行販売されており、900万円を超える売上と人気を集めている。メーカーは日本の自動車部品を製造しており、その技術を生かして、頑丈な造りと安定している焚き火台を追求したようだ。

    続きを読む
  8. ムラコ 焚き火台「STAR TORCH」発売

    日本のアウトドア用品メーカー「ムラコ」は、焚き火台「STAR TORCH」の発売を発表した。「STAR TORCH」は、高さが120cm、重さも10kgの大型焚き火台だ。価格は120,000円と高価で、個人での利用というよりも、キャンプ場や宿泊施設での利用を想定しているようだ。

    続きを読む
  9. モノラル ワイヤーフレームフェザー 発売

    日本のアウトドア用品メーカー「モノラル」は、重さ約100gの超軽量焚き火台「ワイヤーフレームフェザー」を発売した。軽量な焚き火台といえば、お笑い芸人ヒロシも愛用するピコグリル(約450g)が思い浮かぶが、「ワイヤーフレームフェザー」は、ピコグリルの四分の1以下の重量だ。

    続きを読む
  10. Makuake タキビイタ 先行販売

    日本のクラウドファンディングサイト「Makuake」で、収納時に厚さ18mmとなるコンパクトな焚き火台「タキビイタ」が先行販売されており、1,350万円の売上と人気を集めた。サイズ展開がソロキャンプ向けのSサイズとファミリーキャンプ向けのLサイズがあり、オプションで五徳とロストルが選択可能だ。

    続きを読む
ページ上部へ戻る